身近な自然もいいね!

家庭菜園や庭の記録。日本各地の自然環境や身近な植物(時々珍しい植物)を紹介しています。

乾燥した樹林に多い木-348.ソヨゴ-

ソヨゴはうちの近所の山ではよく見かける木ですが、関東地方で調査していた若い頃は殆ど見ることがなかった木です。

f:id:shimisyoku:20210120202820j:plain

岡山県美作市にて(3月3日)。以下、産地記載ないものは撮影場所・撮影日同じです。

ソヨゴは乾燥した樹林に生育することが多く、尾根や西向き斜面のアカマツ林や常緑広葉樹林などでよく見かけます。特にうちの近所はチャートの山が多く、尾根に限らず斜面の中腹より上は乾き気味といった感じです。そのためソヨゴは山に行けばどこにでも生育していると言ってもよいです。ソヨゴは通常10m以下のものが多く、樹林内では亜高木層(森の一番上に出る木よりも少し低い階層)を形成することが多い木です。ところがうちの近所ではだいぶ前に松枯れが流行ったせいか、尾根の松林は貧弱なものばかりになってしまいました。高木層のアカマツが枯れた結果、亜高木層の樹木が森の最上層の木となってしまい、場所によってはソヨゴ林といった変な樹林ができあがっているところもあります。

f:id:shimisyoku:20210120202959j:plain

中央付近のまっすぐ伸びた常緑広葉樹がソヨゴです。これで8mくらいです。

f:id:shimisyoku:20210120203127j:plain

林床に這ったように群生するソヨゴがありました。これは複数の稚樹からなるのか、それとも匍匐性のソヨゴなのか?ちょっと不思議な感じでした。

ソヨゴはモチノキ科モチノキ属の常緑高木(じょうりょくこうぼく:冬にも葉がついている、10m以上に成長する木)で、本州(東北地方南部以西)~九州に分布しています。私の記憶ともかぶりますが、神奈川県植物誌2018によると、神奈川県ではまだソヨゴの自生個体は確認できていないようです。関東平野周辺部ではソヨゴは少ないのかもしれません。多分、ソヨゴがごく普通に見られるのは中部地方以西だと思います。

f:id:shimisyoku:20210120203304j:plain

赤い実がなるのは雌株。実がたわわに実る感じでは無いので、かなり地味。

ソヨゴは赤い実がなるのですが、よく植栽されるクロガネモチなんかに比べると実は目立ちません。それでもあまり大きくならないというサイズ感が手頃なのか、庭木や公園などに植栽されることもあります。実際うちの庭にも植えられています…😅。

f:id:shimisyoku:20210120203521j:plain

岐阜県岐阜市にて(6月6日)。これは雄株。雄株は花が多いけど、全く目立ちません。

でも、なぜか実がならないと思ったら、ソヨゴは雄株と雌株があるようです。うちのは雄株ということですね…。実がならないとつまらない木なので、植栽を考えている方は雌株を選んで植えた方がよいと思います。

ソヨゴの特徴は次の3点です。

f:id:shimisyoku:20210120203821j:plain

①全体容姿と樹皮:7-8m程度になる高木で萌芽株となることも多い。樹皮は灰色で遠くから見ると滑らかな樹皮をしています。ただ、近づいて見ると皮目(ひもく:幹や枝にできる空気の出入り口の役割を持つ組織)が多く、皮目が筋状の模様に見えることもあります。ソヨゴの樹皮には地衣類?がつくことが多く、褐色の大きな斑紋や、白っぽい大きな斑紋が出ることが多いです。

f:id:shimisyoku:20210120203859j:plain

②若枝と葉のつき方:若枝の色彩は淡い紫色で、ごく細かい粉状の毛がありますが、割と早く落ちてしまいます。2年目以降の枝は褐色になり皮目が目立ちます。葉は互生(ごせい:葉が交互に着く)します。

f:id:shimisyoku:20210120204004j:plain

③葉の形状と質感:葉身(ようしん:柄を除いた葉の部分)の長さは4-8㎝で、形状は卵形、先端はとがり、基部は円形で葉柄(ようへい:葉の柄の部分)との境が明瞭なのが特徴です。鋸歯(きょし:葉の縁のぎざぎざ)は基本ありませんが、時々上半部に低い細かい鋸歯が出ることがあります。葉の質感は常緑樹にしては薄く柔らかい感じです。両面とも無毛で側脈はうっすらと見え、裏面は淡緑色です。

比較的よく目にする類似種としては、クロガネモチあげられます。クロガネモチの若枝は濃い紫色で無毛、陵が目立つという点で異なります。クロガネモチの葉は基部が広いくさび形になる点でも異なります。

桃とは全然違うけど…-347.ヤマモモ-

栽培されている果物の原種という訳では無いけど、市販の果物と同じような実をつける野生の植物を、ブドウに対してヤマブドウ、梨に対してヤマナシ、柿に対してヤマガキ(種としては同じ)なんて名付けたりしますね。それではヤマモモは桃の原種でしょうか?

f:id:shimisyoku:20210116133502j:plain

三重県紀宝町にて(6月5日)。以下、撮影日・撮影場所同じです。

f:id:shimisyoku:20210116133559j:plain

実は桃というより南国のフルーツといった感じです。直径2cmぐらいです。

ヤマモモは写真を見たらわかるように木自体もあまり桃に似ていないし、果実に至っては桃と全く似ていません。どの辺が桃なのでしょう?私の想像ですが、桃並みにおいしい実がつくからヤマモモじゃないでしょうか。実際に熟した果実は甘くてかなり美味でした。ただ、ネットで見た感じだと足が早いようなので、生の実は保存がきかないようです。たくさん収穫した際はジャムなどに加工するとよいようです。

f:id:shimisyoku:20210116133754j:plain

8m程度の個体。猿もヤマモモは大好きで、近くを通ったらだいぶ騒がれました。

分類学的に見てもヤマモモはヤマモモ科ヤマモモ属の常緑高木(じょうりょくこうぼく:冬にも葉がついている、10m以上に成長する木)なので、バラ科の落葉広葉樹である桃とは全く近縁ではないようです。ヤマモモは本州(関東南部・福井県以西)・四国・九州・琉球に分布し、常緑広葉樹林に生育します。どちらかというと乾き気味の樹林に多いような印象を受けます。

f:id:shimisyoku:20210116133922j:plain

葉だけの苗木だと雄株か雌株かはわからないですね…。

自生の個体は暖地に多いですが、街路樹や庭木として使用されることも多く、植栽すれば本来の自生地より寒い地方でも生育は可能なようです(温暖化ですかね😔)。宮城県仙台市だと思うのですが、街路樹として使用されていたのには驚きました。岐阜県でも各地で植栽されていますが、自生のものは無いと考えられているようです。ヤマモモは雌雄異株なので、植栽されている個体全てに実がなるわけではありません。収穫を目的として植える場合は、雄株と雌株の両方を植えなければならないということですかね。

ヤマモモの特徴は次の3点です。

f:id:shimisyoku:20210116134446j:plain

①全体容姿と樹皮:10m以上になる高木で萌芽株となることも多い。樹皮は灰褐色(白っぽい褐色)で、皮目(ひもく:幹や枝にできる空気の出入り口の役割を持つ組織)が多いためぶつぶつが目立ちます。

f:id:shimisyoku:20210116134509j:plain

②葉の形とつき方:葉は互生(ごせい:葉が交互に着く)します。形状は倒披針形(とうひしんけい:葉の上方が幅広な、かなり細長い卵形を反対にしたような形)で、基部はくさび形となり1㎝前後の葉柄に続きます。高木の葉は鋸歯(きょし:葉の縁のギザギザ)が殆どないことが多いですが、目立たない鋸歯が出ることもあります。逆に幼木は粗い鋸歯が出ることが多いです。

f:id:shimisyoku:20210116134535j:plain

③葉脈と色彩等:太い側脈は葉の縁に近づくと急に上向きに曲がり、1個上の側脈と連結します(写真参照)。葉を透かすと細かい脈まではっきり見えます。葉の裏面は淡緑色で、黄色の腺点(せんてん:油の粒のような点)が多数あります。

実がつけば間違いないですが、葉だけだと常緑樹は慣れないと同定が難しいですね。一番似ている植物としてはヤマモガシがあげられると思います。ヤマモガシは本当にヤマモモとそっくりですが、葉裏に腺点が無いの大きな違いです。ヤマモモのような形状の葉で葉裏に黄色の腺点が確認できれば、まずヤマモモと思って間違いないでしょう。

なんか老けたな…(2021.1.13)

毎日顔を洗ったり、風呂に入ったりするので、自分の体はさらっと眺めているものです。ただ、毎日見ているから、体の変化というのはなかなか自分では気づかず、他人から「痩せたね~」とか「少し太った?」とか指摘され、改めて体重計や鏡を見て「本当だ…😲」と気付くことが多いと思います。

私は殆どスーツを着ないのですが、年始のお得意先との打ち合わせぐらいはスーツを着ていきます。年に1回ぐらいスーツを着ないと、ネクタイのしめ方忘れてしまいますからね😁。それで、この日は今年初めての打合せで例年通りスーツに着替えようとしました。Yシャツを着ると、「あれ?なんかダボダボな感じがするな…🤨」。いつものYシャツのはずなのに、なんかフレッシュな高校1年生みたいな感じです。体が縮んだのかな?まあ、今更しょうがないので、ちょっと大きい感じでしたがそのYシャツを着て出かけました。

帰ってきた日に風呂に入る際に体重計に乗ると、お~っ…😨。例年のこの時期に比べると5㎏も痩せています。鏡に映った自分を見ると、なんとなく肩や胸のまわりの肉が落ちたような気がします😰。自分でちょっと老けた…と感じてしまいました😔。まあ、他人に指摘されるよりかはよかったかな。

実際、入院から現在まで食事の量は以前に比べると7-8割の量に減りました。飲酒をしなくなったせいもありますが、術後の経過が思ったより良くなく、正直食事が面倒くさいのもあります。あと、週1-2回やっていたソフトバレーも、年末から行けてなくて、1月ぐらいまとまな運動はしていません。多分、これらが原因で痩せたんだろうな~。病院は玉手箱です。うちの親や爺ちゃんが入院した時もそうですが、退院したり入院後半にはだいぶ年取ったように見えたもんな…。

本当なら今頃は冬場のトレーニングでランニングをするのですが、今は激しい運動がダメなのでお散歩ぐらいです…。早く元に戻りたい🍺

有名だけどあまり見ない木-346.カシワ-

少し季節外れですが柏餅は皆さんご存じですよね。柏(カシワ)の葉に包まれたあんこの入ったおもちですね。おもちを包んでいるぐらいだからカシワもどこにでもある木と思っていませんか?実はカシワは産地限定の木といってよいと思います(私見です)。

f:id:shimisyoku:20210110154900j:plain

北海道北見市にて(7月20日)。小規模なカシワ群落。以下、特に記載ないものは撮影場所・撮影日同じです。

昨年私がカシワを見たのはオホーツク海に面した北海道北見市です。道路沿いということもあって、あまり立派な樹林ではありませんでしたが、観察しやすい場所ではありました。樹林の立地は海岸に面した斜面ですが、海岸線から少し離れているので、樹林の高さは8m前後に達していました。カシワはコナラやミズナラと同じ仲間なので、樹高8mと聞くと随分低い林だな~と思うかもしれません。でもこれでほぼ成木で、根元の直径も20㎝以上のものもありました。海岸線は風が強いので、そのために樹高が低く抑えられているんですね。もっと厳しい環境だと樹高が4-5mで抑えられているようなところもあります。

f:id:shimisyoku:20210110155114j:plain

カシワの葉は類似種に比べて柔らかい。この柔らかさが餅をつつむのによいのかも。

カシワはブナ科コナラ属の落葉高木(らくようこうぼく:冬に葉を落とす、10m以上に成長する木)で、北海道~九州までの広範囲に分布するようです。海沿いの地域でまとまった樹林を形成することが多いですが、内陸に生育することもあるようです。私は北海道と東北・北陸の日本海側でしかまとまった樹林は見たことが無いため、カシワは東日本の植物かと思っていましたが、四国や九州にも分布があるという改訂新版日本の野生植物(平凡社)を見てびっくりしました。

f:id:shimisyoku:20210110155259j:plain

カシワ餅の葉を採集するためのカシワ植林ってあるのだろうか?

ちなみに私の住む海無し県の岐阜県では、カシワの分布は限られていて、その殆どが植栽起源と考えられています。岐阜県の分布を考慮すれば、多分西日本でも自生の産地は限られていると思います。そうすると柏餅のカシワは東日本で採集されたものが出回っているのでしょうか🤔?今時、材料を山から調達というのはありえませんかね😅。どこかにカシワの植林があるのかもしれません。カシワの葉はそうそう見ることがないと思うので、今度柏餅を食べる時は、まじまじと観察してみて下さい。そういえば息子が小さい時、柏餅を葉ごと食べようとしていたな…懐かしい😄。

カシワの特徴は次の3点です。

f:id:shimisyoku:20210110155559j:plain

①樹皮:樹皮は縦に深いひび割れが生じます。樹皮がコナラに比べると厚いような気もしますが、全体的にはコナラの樹皮と似ています。

f:id:shimisyoku:20210110155631j:plain

②葉の形:葉は枝先に集まりますが、よく見ると互生(ごせい:葉が交互に着く)しています。形は倒卵形(とうらんけい:葉の上方が幅広くなり、卵形を反対にしたような形)で、葉先はとがらず、先端が丸味を帯びた大きな鋸歯(きょし:葉の縁のぎざぎざ)があります。コナラやミズナラとは葉の形だけでも違いはわかりますが、カシワの葉は長さが12-32㎝と大きな点でも異なります。葉柄が殆ど無いのも特徴と言えます。

f:id:shimisyoku:20210110155921j:plain

③葉脈と毛:葉脈(側脈)は直線的で、葉の大きさの割には側脈の本数が少ないです。裏面は短毛と星状毛(せいじょうもう:1箇所から3-6本の毛が出る、ヒトデ状(星状)の毛)が密生し、淡緑色から淡褐色。

典型的なカシワの葉を見れば、似ている植物は無いといってよいでしょう。ただ、カシワは落葉性のコナラ属とよく雑種をつくると言われています。私も北海道ではミズナラなのかカシワなのか迷うような個体を海岸沿いで何回か見たことがあります。

f:id:shimisyoku:20210110155858j:plain

数年前ミズナラにしては鋸歯が丸く、大きさも少し大きめだけど、星状毛が少ないといった植物を、今回訪れた北見市で採集しました。多分それは、ミズナラとカシワの雑種のカシワモドキなんではないかと思っています(7月25日撮影)。

覚えておきたい常緑高木-345.アラカシ-

どんぐりのなる木というと私は関東育ちのせいか、コナラミズナラといった落葉広葉樹を思い浮かべます。一方で関東以西の暖地に多い常緑広葉樹のカシの木の仲間もどんぐりがなります。やっぱり、四国・九州の人達はどんぐりの木といったらカシの仲間を思い浮かべるのでしょうか?そんなカシの木の仲間で最も普通なのはアラカシだと思います。

f:id:shimisyoku:20210110062747j:plain

静岡県浜松市にて(10月14日)。産地同じものは撮影日同じです。

f:id:shimisyoku:20210110062846j:plain

去年はナラ類のドングリが不作と聞きましたが、カシ類はどうなんだろう(浜松市)。

私が今住んでいる岐阜県南部では、低山はほぼ全て二次林(にじりん:自然および人為によって樹林が破壊され、その後再生した樹林)で、コナラとアラカシが半々といった混交林や、アラカシ等のカシ類とツブラジイが混生する常緑広葉樹林も多く見られ、そのような山だとアラカシは低木や稚樹も多く確認できます。

f:id:shimisyoku:20210110063147j:plain

岐阜県七宗町にて(6月17日)。岩場の上の樹林がアラカシ群落。

さらにアラカシは乾燥に強いタフな木で、土壌の浅い急斜面や岩場なんかにも生育します。アラカシは二次林や不安定な立地に多いということもあって、私は大木に出会ったことが殆ど無く、直径20-30㎝程度の萌芽した株のイメージが強いです。あと庭木として植えられることも多いようです(我が家にもあります)。

f:id:shimisyoku:20210110063527j:plain

アラカシの葉の表面は光沢があり、天気がいいとまぶしいくらいです(七宗町)。

アラカシはブナ科コナラ属の常緑高木(じょうりょくこうぼく:冬にも葉がついている、10m以上に成長する木)で、本州の太平洋側では宮城県以西、日本海側では石川県以西に生育し、四国、九州に分布します。常緑広葉樹二次林の代表種と行っても過言ではありません。

f:id:shimisyoku:20210110063701j:plain

ちょっと細身のアラカシ。細身の葉形だと他のカシと最初は迷いますね(七宗町)。

カシの仲間は慣れるまでは同定が難しいかもしれません。まずアラカシ自体の葉の形状の変異が大きく、高木と低木では葉の雰囲気が異なることもよくあります。さらに同定を難しくするのが、アラカシと同所的に生育するカシ類が複数あることです。一番普通に混生するのはウラジロガシで、地域によってはシラカシ、ツクバネガシなんかも混じってきます。高木でこれらの複数のカシ類が混生していると、植生調査の時なんかは本当に迷います。今でこそだいぶ慣れましたが、本当に最初の頃は首が痛くなるほど双眼鏡で葉を覗いたものです。アラカシはカシ類の中では一番覚えやすい種なので、アラカシの特徴だけはしっかりと覚えておくとよいと思います。

アラカシの特徴は次の3点です。

①樹皮:黒っぽい灰色で遠目には滑らかな樹皮をしていますが、近づくと浅い割れ目や皮目(ひもく:幹や枝にできる空気の出入り口の役割を持つ組織)といったボツボツによる凹凸があります。

f:id:shimisyoku:20210110064017j:plain

②葉:葉は互生します。2cm前後の明瞭な葉柄(ようへい:葉の柄の部分)があり、葉身(ようしん:柄を除いた葉の部分)は倒卵形~楕円形で先端はとがり、基部はくさび形~広いくさび形となります。鋸歯は鋭くとがり、双眼鏡でもわりと明瞭に見えます。葉の幅の広いものは常緑のコナラといった雰囲気になります。葉脈は裏面の突出して太く明瞭で、葉裏には伏した淡褐色の毛を密生しますが、葉が古くなると殆ど無毛になります。葉裏に毛が多い時は裏面が淡い緑色ですが、葉裏に毛のない古い葉は裏面が白っぽくなります。

f:id:shimisyoku:20210110064127j:plain

③落ち葉:高木で葉が取れない時は落ち葉が同定のヒントになる時があります。落ち葉は裏面が白くなる時もありますが、あまり白くないものも混じります。落ち葉が白いとウラジロガシと思ってしまいそうですが、そんな時は葉の形にも注意してみて下さい。

一番似ているカシ類はウラジロガシです。ウラジロガシは葉身がアラカシより細く、葉の縁が波打ち、鋸歯が低くて目立たないといった点が異なります。もちろん葉の裏が真っ白になる点もウラジロガシの特徴ですが、アラカシも古い葉は白っぽくなる時もあるので注意が必要です。

畑の様子と七草摘み(2021.1.4)

元日に積もった雪もすっかりとけてしまいました。雪があったら七草摘みに行けないな~と思っていたのでよかったです。今年初の畑訪問となりました。

f:id:shimisyoku:20210106184104j:plain

畑の玉ねぎは順調に生育しているようでした。雑草の生育状況も去年とあまり変わりない感じです。今年は少し寒いのかと思いましたが、思ったより寒さを感じませんね。寒さを感じない理由はヒートテックのタイツを毎日履いているからかもしれません(去年は履かなくて済んだ)。ただ今日から週末にかけては寒くなると言っていたので、皆さん風邪ひかないようにして下さいね。

f:id:shimisyoku:20210106184123j:plain

はこべら。標準和名だと、これはコハコベ

f:id:shimisyoku:20210106184238j:plain

ナズナ。魚の骨みたいな葉が特徴的。

畑ではいつもハコベナズナを取っていきます。今年も食べきれないほど生育しています(そのうち除草しないと…)。ナズナが大きくてきれいだったので、いつもより少し多くとってしまいました。

f:id:shimisyoku:20210106184325j:plain

ごぎょう。標準和名はハハコグサ。最近は外来種の類似品が多いですが、類似品も食べられるみたいです。うちの父はウラジロチチコグサを採ってました😅

畑に行く途中の水田の畦はゴギョウハハコグサ)採集ポイントです。こちらも食べきれないほどたくさんはえています。犬の散歩をされる方もいるので、できるだけ田んぼの中に近い個体を採集します。

ハコベナズナゴギョウは採集ポイントが決まっているので、時間をかけずにいくらでもとることができます。問題はホトケノザコオニタビラコ)とセリなんですよね。近所の水田は毎年のように場所を変えて土砂採取(土壌改良)が行われています。土砂採取直後の水田は生育種がいまいちなんですよね…。

f:id:shimisyoku:20210106184512j:plain

ほとけのざ。標準和名だとコオニタビラコ。多分コオニタビラコだと思います。

ホトケノザは去年採集したポイントに行くと数10株は生育している感じでした。今年も2株だけいただきました。ただ、他の場所では確認していないので(じっくり探したわけではないですが)、近所の水田では全体的には減少傾向にあるのかもしれません。

f:id:shimisyoku:20210106184608j:plain

セリ。それなりに群生しているのですが、小さすぎて採集が面倒…。

セリが群生している水田があることにはあるのですが、葉の大きさは10㎝以下と小さいのでとるのが面倒でした。この時期水田に生育するセリはだいたいこのサイズなので、できれば林縁の少し大型のものが欲しかったのですが、林縁のポイントはほとんどセリが出ていませんでした。裏山まで足伸ばすのも寒いとおっくうだし…、近くにいい場所ないかな。

f:id:shimisyoku:20210106184656j:plain

今年の収穫量はこんな感じ。ナズナの量がかなり多くなってしまいました。

お正月の木-344.アリドオシ

正月飾りには常緑の葉に赤い実をつける、ナンテンマンリョウ、センリョウなどがよく使われますね。私は知りませんでしたが、今回紹介するアリドオシも縁起物の植物とされているようです。

f:id:shimisyoku:20210103121438j:plain

三重県熊野市にて(12月12日)。赤い実がついているのですがわかりますか?

f:id:shimisyoku:20210103121538j:plain

三重県尾鷲市にて(2月21日)。記載ないものは撮影日・撮影場所同じです。

アリドオシの別名?は「一両」だそうです。確かに、青々とした葉の量に比べると実の数が少なく、実も小さいですね。

f:id:shimisyoku:20210103121744j:plain

これはセンリョウ。確かに華やかさが全く違いますね。三重県熊野市(12月12日)。

実の華やかさをセンリョウ(千両)やマンリョウ(万両)と比較すれば、アリドオシが一両というのは妥当かもしれません。ちなみに十両ヤブコウジ、百両はカラタチバナとなります。

f:id:shimisyoku:20210103122020j:plain

30㎝以下の個体ですが、すごい刺…😮。これを掘り取るのは大変ですね。

縁起物の植物の割にアリドオシをあまり目にしない理由としては、華やかさが無いという点もありますが、枝に鋭い刺が多数あることも関係しているかもしれません。枝には長さ1㎝以上にもなる鋭い刺があり、これが刺さると結構痛いんですよね…。飾り用に加工するには、この刺はやっかいだと思います。

f:id:shimisyoku:20210103122220j:plain

アリドオシは葉の大きさや刺の長さの変異が大きい植物です。

アリドオシはアカネ科アリドオシ属の常緑低木(じょうりょくていぼく:冬にも葉がついている、4m程度以下の木本)で、本州(関東以西)~九州に分布しています。大きなものでも1mには達しないので、小さいという点では鉢物には向いているのかもしれません。常緑広葉樹林内に生育します。アリドオシ属の植物は改訂新版日本の野生植物(平凡社では5種が掲載され、さらに変種が3種ほど掲載されています。これよりも古い図鑑や文献では、種数が2種(変種は多数)とされていたり、変種や品種を含めて14種が掲載されていたり、学名と和名の対応が図鑑によって異なっていたりと、結構混沌としていました。アリドオシの仲間は葉の長さと形状、刺の長さに変異があるので、変異幅をどう捉えるかによって、見解がわかれていたんだと思います。私もそれほど見慣れていないので、どちらかというと苦手なグループの一つです。

アリドオシの特徴は次の3点です。

f:id:shimisyoku:20210103122634j:plain

①枝:若い枝には短毛があり、葉の付け根に上下に長さ7-20㎜の刺が出ます。刺は付け根の葉の2/3以上の長さになるものが多いです。

f:id:shimisyoku:20210103122802j:plain

②葉:葉は枝に対して平面状につき、対生(たいせい:葉が対になって着く)します。葉は大きい葉のペアと小さい葉のペアが交互につき、基本的には大きい葉の葉腋に刺が出ます。葉の大きさは1-3㎝程度で、形状は卵形~広卵形、全縁(ぜんえん:葉の縁にギザギザがない)です。

f:id:shimisyoku:20210103122829j:plain

③実:枝の先端や中程の葉腋に直径4-5㎜の赤い実をつけます。

比較的よく目にする類似種としては、ジュズネノキとオオアリドオシがあげられます。ジュズネノキは葉が楕円形~披針形で大きさも2-6㎝と大きく、刺が2㎜以下と短い点が異なります。オオアリドオシは葉がアリドオシよりもひとまわり大きく、その結果刺の長さが葉の半分以下となる点が異なります。